生命保険

定期保険おすすめランキング

定期保険は掛け捨て型の死亡保障が受けられる生命保険で、手厚い保障を割安な保険料で賄えるのが大きな特徴です。

一定期間の死亡・高度障害が保障され、更新ごとに保険料が上がっていくのが一般的で(年満了タイプ)、更新の際には告知義務、医師の診察は必要ありません。

歳満了タイプでは設定した年齢で保障が終わり、その後更新することはできません。保険商品の中には保障期間を延長できるものもあり、終身保険に変換できる保険会社もあります。

また、掛け捨て型なので途中で解約しても解約返戻金はほとんどありません。

定期保険は保険料が割安なので、小さなお子さんがいる夫婦などに適した生命保険です。

保険商品によって非喫煙者の保険料が割引になる健康体料率があるので、タバコを吸わない方は
割引特約がある定期保険を選ぶようにしましょう。

定期保険ランキング

ランキング 保険会社 保険商品名
1位 オリックス生命 ブリッジ
2位 メットライフ生命 スーパー割引定期保険
3位 ライフネット生命 かぞくへの保険
4位 オリックス生命 ファインセーブ
5位 楽天生命 楽天生命ラブ

定期保険ランキングは保障額と保険料のバランス、特約の内容、告知内容の基準などをもとにランキングしています。

定期保険ランキングの分析
定期保険ランキングで1位になったのはオリックス生命の「ブリッジです。

インターネット専用の申し込みで4位に入った「ファインセーブ」よりも、割安な保険料になっているのが大きな特徴です。

健康体料率特約がないので喫煙者によっては魅力が高い保険で、また保障額も必要に応じて500~3000万円の間で100万円ずつ設定できるので、必要保障額に応じて柔軟に保険料を抑えることができます。

また身体障害の状態に応じて保険料の払い込みが免除となるので、家族に対して経済的な負担を残すことはありません。

2位に入ったのはメットライフ生命の「スーパー割引定期保険」で、こちらは「ブリッジ」と異なり、喫煙の有無や健康状態によって保険料が変わる健康体料率特約があるのが特徴です。

最大で52%も保険料が安くなることもあり、また加入時の健康状態によって料率が決定されるので、更新後もずっと割引が適用されるのが大きな特徴です。

保険料払込免除特約も付帯されています。

そして3位に入ったのは、ネット専門の保険会社であるライフネット生命が販売している「かぞくへの保険」です。

500~1億円の範囲で100万円ずづ保障額を設定することができるので、ニーズに合わせて保険料を抑えることができます。40歳以下であれば申し込み時に診断書がなくても加入することができますが、保障期間は最大で70歳までとなっています。

若い世代の人が初めて加入する生命保険が定期保険ということがよくあり、保険商品の特徴をしっかりと理解した上で加入を決めるようにしましょう。

保険選びで悩まれた場合は無料の相談サービスを利用するなどして、同世代の保険プランを参考に見せてもらうのがおすすめです。

どのようなものが将来に備えられるか

女性の社会進出、あるいは生活スタイルの多様化によって以前より自由な生き方が認められつつあります。

それに伴い、自分で自分の健康管理をしなければいけなくなってきています。

がん、生活習慣病、女性特有の病気など誰でもかかる可能性がある病気を防ぐには、バランスのとれた食生活や規則正しい生活などが一番大事ですが、一番かかりやすい働き盛りの年代の方は気にする暇がないというのが実情だと思います。

そういった時に便利なのが医療保険です。

生命保険などは社会人になった時、または結婚した時などに加入を検討するタイミングがあるものですが、医療保険についてはまだまだいいかなと認識している若い方もいます。

働き盛りの時にこそマイホーム購入、出産、子どもの教育、親の介護などのために自身の貯蓄を作らねばなりません。

そうした時に、もし大病を患ってしまったら会社が保障してくれることはないですし、扶養している家族も医療費を捻出できる状態かは誰にもわからないのです。

だからこそ、医療保険に加入しておくと入院費や手術における費用を保障してくれるので、安心して将来に備えることができるのです。

医療保険はさまざまな種類のものがたくさん出ています。

価格を売りにしている企業もたくさんありますが、医療保険でおすすめのものとしてはやはり入院費、手術費、生活習慣病、がん、女性特有の病気を保障してくれるかをポイントとしてみると良いでしょう。

また、忙しい人にはオンラインで加入できるものもありますので、そういった観点で探すのも一つおすすめの方法です。

誰でも生命保険には加入しておこうと思うものですが、医療保険となると後回しにしがちなのです。

しかし今の時代、早期発見や早期治療が可能になっており、生存率も高い反面、生活習慣病やがん、女性特有の病気にかかる可能性は低くなっていません。

そういう状況も踏まえて、医療保険への加入は安心して生活するために必要なことになってきていると言えます。

頼りになる医療保険とは

いざという時に備えて加入しておきたい医療保険。商品も多く保険期間もバラバラなので、どれを選んでいいか迷いますよね。

医療保険は手術ごとに給付金額が定められており給付されます。

入院では入院日額という1日の入院について、いくら支払えるという金額を決めておきます。一度の入院につき、決められた日数まで入院日額を支払うという商品が多いです。

治療では、放射線治療など通院で受けられる治療について、決められた期間内で何回までといった条件で保険金が給付されることが多いです。

これらを基本として、がんに備えるがん保険や三大疾病に手厚い保障が付く特約などを組み合わせることもあります。

また保険の種類には、終身保険定期保険があります。

終身保険は一生涯保障を受けることができる商品です。定期保険は数年ごとに満期を迎え、必要であればその都度契約更新を行う商品です。

これらを組み合わせた商品もあります。

一般的に定期保険は80歳を超えると加入が難しくなるようですので、終身保険に入っておくのも良いのではないでしょうか。

医療保険といいますと、保険料が高いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

確かにお子さんのいるご家庭ですと、保障が一番必要になり保険料が高くなる時と学費の出費が重なる時期になり、家計を圧迫する心配もあります。

しかし、保険の内容を吟味し、いざという時の備えとして手厚い保障を選んでしまいがちですが、実際、病気やケガをした際には健康保険や会社などから手当や補助を受け取ることができます。

例えば医療費が一定の金額を超えると、その金額を支給してくれる高額医療制度があります。

そのような補助にどんなものがあるか確認し、足りない点だけを医療保険で賄えるようにすると保険料が抑えられますね。

介護保険の適用と老人ホームのタイプについて

介護保険には公的介護保険と民間介護保険があり、保険料を納めることで介護が必
要になった場合これが支給されるもので、その利用には申請認定を要します。

この介護保険が適用される介護保険施設には、提供されるサービスにより3つのタイプに別れ、生活介護中心の介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)と介護及びリハビリ中心の介護老人保健施設、そして医療中心の介護療養型医療施設があります。

したがって、特別養護老人ホームでは長期間の入所以外にも、ショートステイやデ
イサービス・デイケアのタイプとなります。

そこで、現在いわゆる老人ホームと言われるものにはどのような介護を目的とするのかや、介護の必要度により6タイプあります。

まず1つ目には前述の特別養護老人ホームがあり、常時介護を要し、自宅ではその介護が困難な方のために設けられた施設で、食事等を含めた日常生活全般に渡った監護や健康管理が行われています。

そしてこれと同様のサービスが受けられる施設として、2つ目に有料老人ホームがあります。

こちらは行政が定める基準を満たした特定施設入居者生活介護施設であれば、介護保険の適用があります。

また3つ目には、老人保健施設ではリハビリを中心とし、自宅へ戻って元の生活を続けることを目的としているため、入所可能な期間がほとんどの場合3ヶ月となっています。

さらに4つ目には、認知症の方を対象としたグループホームがあり、これは施設というよりは住宅としての性格が強く、入居者が擬似家族化して共同生活を行い、専
門スタッフの元でそれぞれができる能力の範囲で、掃除や洗濯などを分担し、これと同時に認知症の改善などを目的とする機能訓練も行います。

また5つ目には、ケアハウスでは比較的軽度の介護サービスが必要な方を対象としており、基本的に自立した生活ができることが前提ですので、日常に介護が必要となった場合は退去となることがあります。

そして6つ目には、サービス付き高齢者住宅があり、こちらは自立した日常生活を送りながら訪問介護サービスなどを受けられるタイプです。

知っておきたい日常のマナー、病気や怪我のお見舞い

友人や職場の上司や同僚、親戚などが病気や怪我で入院していると、お見舞いをする機会があります。

お見舞いの際は相手が病気や怪我で入院中であることを理解して、相手に配慮するのがマナーです。

病気や怪我によるお見舞いのタイミングとしては、病状が回復し始めた頃がおすすめです。入院直後の場合はまだ病状が落ち着いていないことが多く、手術を受ける前や術後すぐは避ける方が良いでしょう。

お見舞いに行く際は相手か家族に連絡を入れ、予め病状の様子や病院の面接時間などを確認してから行くことです。

面会時間は病院によって異なりますが、午前中は検査や診察が行われることが多いため避けたほうが良いでしょう。

できれば、午後2時から3時頃がおすすめです。

この時間帯であれば、昼食後、比較的ゆったりと過ごしていることが多く、他の入院患者の方にも迷惑になりにくいためです。

あまり長く滞在すると相手に負担を与えてしまうことにもなるため、面会時間は20分程度にしておきます。

また、病状や怪我の理由を無神経に聞くのはタブーです。

お見舞いはあくまでも相手を励ますためなので、相手が話さない限りは、こちらからデリケートな問題に触れないことです。

相手が眠っていた場合は、無理に起こしてはいけません。

付き添いの方がいれば、その方にお見舞いの品を預けます。いなければナースステーションに預けると良いでしょう。

目を覚ますまで待つことはしないのがマナーです。

付き添いをしている家族も看病で疲れています。病室の外で、家族に対するねぎらいの言葉をかけると良いでしょう。

お見舞いは相手の立場や気持ちを一番に考えることが大切です。

お見舞い品は花や果物、お菓子、お見舞い金が定番ですが、時と場合によっては喜ばれないこともあるため注意が必要です。

また、怪我の状態や病状によってはお見舞いをしないほうがいい場合もあります。

お見舞いはあくまでも、臨機応変に対応することが大切です。