生命保険

レーシック手術と医療保険給付の関係について

レーシック手術とは「レーザー角膜屈折矯正手術」とも呼ばれ、エキシマレーザーという医療用のレーザーを目の表面に照射して、角膜の厚みを調整し視力を矯正する手術です。

1990年代からアメリカで普及し始めた治療方法で、日本でも2000年1月に、レーザーの使用が認可されてから行われるようになりました。

角膜は目におけるレンズのような役割を果たしており、外から入ってきた光を屈折させて、眼球の奥にある網膜に焦点を結ばせます。

しかし、この角膜の厚みが正常でないと、焦点の位置が網膜より手前や後ろになってしまい、いわゆる「ピントが合っていない」状態になってしまいます。

これが近視や遠視の原因となります。

そこで、レーザーを用いて角膜の一部を削り、屈折する角度を調整してやると、焦点が網膜に正しく結ぶようになります。

これがレーシック手術です。

レーシック手術は老眼を矯正することはできませんが、近視や遠視の他、乱視にも効果があるとされています。

手術の翌日からさっそく効果があらわれ始め、最終的には手術を受けた近視の人のうち、90%以上が裸眼視力1.0以上に回復したという統計が出ています。

メガネやコンタクトレンズに続く第3の視力矯正法と呼ばれ、アメリカでは年間約130万人が、日本でも年間40万人以上が受けていると言われているこのレーシ
ック手術ですが、課題は費用が高額であることです。

というのも、日本においてはこの手術が健康保険・国民健康保険などの、いわゆる公的保険の適用対象外となっているからです。

しかし幸いなことに、いくつかの民間保険会社が取り扱う医療保険において給付対象となっています。

具体的には、手術を受けた際の一時金として給付される形になっています。

金額は5万円程度から10万円程度までと各保険会社によって差がありますが、負担を軽くするのに大いに役立ちます。

ただし近年の手術件数の増加からか、以前は給付対象であったが、その後対象外とするようになった保険会社も見受けられますので、手術を受けるに際しては、自らが加入する保険商品の内容をあらかじめ確認しておくことが重要です。

心では保険適用の病気は深刻な問題になります

心の病気では、入院などした時に保険が出ます。

しかしそれは深刻な問題でもあるのです。

長期入院を要する場合、保険では入院期間により常に出るわけではないからです。

回復後に退院をして自宅療養をしますが、何度も入退院を繰り返す傾向にある場合、短期間では保険が出ないことがあるということを知っておくと良いと思います。

これは、保険により何年間空けて、また入院した場合は保険が出ます。心の病気の場合は、入退院を繰り返す傾向が多いからです。

また保険では限度額が決められており、その範囲内での保険適用という感じになっています。

それからストレスがある場合は、再発予防に重点を置く必要があるでしょう。心の病で入院して治療することは、病気になった時には大切なことです。そのことで社会復帰を目指していくことができるからです。

保険を上手に使いながら、心の休憩をゆっくり取ることが必要ですよね。

心落ち着ける場所が病院という方は、気持ち落ち着くまで入院をしていた方が良いという医師の判断に合わせて、入院する必要があるでしょう。

日常生活をうまくこなせないのは、何らかのストレスがあるからです。

そのストレスを排除することが、1番良い方法だということになります。

生活していく中で、心を休める場所は必要です。その場所は病院だとしたら、上手に保険を利用しながら生活していくことになります。

自分の生活を完全に、快適に過ごすために必要になる保険なのです。

これは自分のためにもなるからなんです。

病院という守られた場所で、心落ち着かせることが治療の一つでもあるからです。

そのようなとき保険に入っている場合は、利用しながら生活していくことが大切になります。

また、生活を規則正しく治すために必要になるのです。便利に保険を活用することで、生活の質を向上させることにつながります。

それだけ大切な意味を持つ、保険でもあるのです。

留学保険の保険料の抑え方

どのような保険でも保険料というのは気になるところだと思いますが、留学保険というのは特にそうだと思います。

というのは、普通の医療保険というものは本人の判断によって保険に入らなという
選択肢もあり得るとは思うのですが、留学する場合の留学保険は必須だからです。

海外旅行保険はクレジットカードに付帯されているものを利用して、新たに保険には加入しないという方法もあるのですが、留学の場合大学に正規に留学する場合はもちろん、1週間だけの短期語学留学などでも、学校の規定として保険に加入することが定められていることが多いのです。

そして留学というのは、多くの場合学生がするものであり、社会人に比べると経済的に豊かでないというのが現状です。

そこで、賢く保険料を抑える方法を考える必要があります。

インターネットで留学保険等のキーワードを入れれば、いろいろな保険会社がヒットします。さらに、格安留学保険などと入れれば文字通り格安の保険がヒットします。

しかし、そこで値段だけを見て判断してはいけません。

どのような保険でも保証の内容というのは非常に重要なポイントですが、留学保険の場合で特に注意しなければならないのは、日本語サポートがあるかどうかということです。

留学中に保険を請求するということは、すなわち海外で保険を利用することになるので、日本語サポートがない場合、現地の言語で保険を利用しなければならなくなるのです。

多くに方にとって、留学の大きな目的の一つは語学の習得でしょうから、保険だってその言語で挑戦するといいのではないかと考える方もいるかもしれませんが、考えて欲しいのは、保険を利用する時というのは、病気・けが、もしくは何らかのアクシデントに見舞われている時であり、このような場合、人は精神的にもパニックに陥ることがあります。

そのような状況で、外国語で冷静に保険の処理を行うことができるかというと、ほとんどの方にとっては困難であると言えるでしょう。

どのような保険でも保証内容をしっかり確認することは重要なことですが、留学保険の場合は特に、日本語サポートがあるかどうかという点が大きなポイントになるのではないかと思います。

備えあれば楽しい海外旅行になるために必要な保険

昔から、備えあれば憂いなしということわざがあります。

これは、万が一の時を考えて常日頃から備えておけば、何事も安心であるという意味のことわざです。

何事も万が一の時にあらかじめ備えておくことが必要で、備えておけば安心できるのは、何も日常生活だけではありません。

海外旅行への備えは薄れがちになります。楽しい海外旅行へ行く時には、真っ先に万が一のことを考える人はいないでしょう。

まずは楽しいことを考えてしまうものですね。

どこの国に行こうか、どこの観光スポットへ行ってどんな楽しいことをしようかなど、誰も外国へ行くことは楽しみで仕方ありません。

いかなる楽しみは考えてはいても、万が一の備えは忘れがちになります。

ですが、異国であるがゆえに最も必要な事柄があります。それは海外旅行保険です。海外へ行く際にはどうしても軽く考えがちですが、実は最も必要な事項です。

今みなさんが受けることのできる医療は、日本国内に限定されています。

日本国内で発行された健康保険証は、当たり前のことですが日本国内でしか通用しません。

ですので、海外旅行へ行く際には、その健康保険証は適用されないことを改めて認識する必要があります。適用されませんので、かかった医療費については100%全額の割合を請求されることとなります。

また、医療費は渡航先により異なりますので予想がつきません。

となると、当然海外旅行保険の加入が必要になるのです。この保険は、ひとりでも家族単位でも加入することができます。

また保険の適用期間についても、旅行期間中だけであるとか、約1ヶ月程度まであります。

これらの事項は、各種保険会社により加入の制度があるかもしれませんので、事前確認は必要です。

また保証する金額により支払う保険料も変わりますので、自分のスタイルに合わせたケースを想定して決めることが大切ですね。

まさに、備えあれば憂いなしですね。

忘れてしまった人は日本国内の空港でも加入することができるので、是非とも加入しておき、楽しい旅にしましょう。

保険会社がつぶれたらどのような事になるのでしょうか

保険会社がつぶれたら、どのようなことになるのでしょうか。

実際に過去を振り返ってみると、1990年代後半にかけて7社、また2000年代になってからも破綻、つまりつぶれた会社があります。

会社がつぶれたからといっても、保険契約は残っているわけです。その契約自体がなくなってしまうわけでなく、契約がある以上はどこか別の保険会社にその契約を引き継いでもらいます。

事実、今まで破綻をしてきた会社は別の保険会社に契約を引き継いでいます。

日本の大手保険会社が引き継ぐこともあれば、新たに日本で営業を開始したい外資系保険会社が、この契約を引き継ぐことを前提に事業を開始するケースもあります。

この引き継ぐ会社のことを救済会社と言います。

では、もし救済会社がなかった場合はどのようになるのでしょうか。

実は1990年代に最初に破綻をした時には、特に何の仕組み、つまりセイフティーネットはありませんでした。

しかし、引き継ぐ会社がなかったら契約者に多大な迷惑と不利益を与える事になる
ので、保険会社各社が出資をして生命保険保護機構という仕組みが作られました。

ですので、もし引き継ぐ会社がなければこの保護機構が契約を引き継ぐことになるわけです。

では引き継がれた契約はどのようになるのでしょうか。

ます契約者に対してはその契約の責任準備金、これは会社が保険金支払いのために積み立てている積立金ということになりますが、これが最低でも90%は保障されます。

当然、100%保障されることもあれば、引き継いだ会社により10%減らされることもあるわけです。また保険料算出の基準となっている予定利率が引き下げられます。

これが高ければ顧客にとってはメリットがありますが、その分保険会社としては多くの利回りを約束しているので、引き下げをする必要があります。

また早期解約には、解約控除を設定するケースがあります。

これは一気に解約をして、その会社にお金が残らないことを防止する措置です。

しかし何度も言うように、会社がつぶれた場合でも契約は守られます。

保険会社も健全性を維持する指標がありますので、加入の際はそのような指標を参考にしてみましょう。