自動車保険

付帯しておきたいおすすめの特約

弁護士費用特約は大きな事故に遭ってしまった場合に非常に役に立つ特約です。訴訟費用はもちろん、事故の相手方との示談の際にも弁護士を立てれば自分で交渉するよりストレスなく有利な交渉を進めることができます。

日常的な生活ではあまり縁のない話に思えるかもしれませんが、もらい事故で相手がごねている場合や大きな事故があった時には安心できる保険です。

ファミリーバイク特約はバイクを運転する家族がいる方に限定されますが、おすすめしたい特約の一つになります。

この特約の最大のメリットは、単独の任意保険と比べて保険料がかなり安いことです。しかも、それだけでなく任意保険より便利な点もあります。

例えば、ファミリーバイク特約を使って保険金を受け取ってもノンフリート等級が下がりません。2輪と4輪は等級の基準が異なり、2輪事故は4輪の等級に影響しないためです。

この他、主契約の年齢条件や運転者の条件が適用されず、家族全員が補償の対象となるというメリットもあります。もしバイクの任意保険に加入すれば、当然運転する年齢条件等に合わせる必要があります。

続いて運転者限定特約ですが、こんなの誰だって付帯していると思われる方も多いと思いますが、意外と正確な内容を把握していない人が少なくありません。条件が合えば必ず付帯すべき特約ですから、確実に内容を理解しておくことをおすすめします。

まず、家族限定の家族には別居の未婚の子は含まれますが、別居の既婚(離婚済みも含む)の子は対象外となっています。

意外と見落とされることが多い点ですので注意してください。

また、友人に運転させる場合、絶対に限定なしにしないといけないと思っている人が多いです。もし友人が車を持っていたら、他車運転補償特約が付帯されている可能性が非常に高いです。

その場合はその友人の特約で補償を受けられますので、友人のために高い保険料を支払う必要はありません。

個人賠償責任特約ですが、最大のメリットは自転車を運転しているときに発生した対人・対物事故が補償されることです。対物はともかく、対人事故は最近高額賠償の事例が多発しています。

自転車を運転するなら付帯しておくことをおすすめします。

ところで、おすすめしない特約が実はあるのです。それは地震・噴火・津波車両全損時一時金特約です。

この特約の問題点は、事故の発生リスクや発生した場合の損害と比べて受け取れる保険金が50万円と微妙な金額になっていることです。

全く不要と切り捨てるつもりはありませんが、この特約をかけることに大きな意義を感じるという人はほとんどいないと考えられます。

必要性を見出せるなら付帯すればいいでしょうが、あえておすすめできる特約ではありません。

ディーラーの話を真に受けて車両保険に加入

盗難に遭い入っていて良かった車両保険

車の免許を取得してからは、最初は兄が乗っていた車を譲ってもらい乗っていました。兄がちょうど車を乗り換えるタイミングだったんです。

それを3年間乗っていましたが、中古ですので徐々に不具合が出始め、走行中にクラッチが戻らなくなったタイミングで乗り換えを考えました。

そして、その後初めて新車を購入したのです。

私はスポーツカー好きで、兄もたまたま乗っていたのでスポーツカーに乗ることが多かったのですが、新車で購入した車も同系統の車でした。

操作が簡単なオートマには乗りたくないという、当時変なプライドがありまして、そのプライドを満たしてくれるのがマニュアル車しか製造していないその車種でした。

当時の知人が乗っていて既に乗り心地は確認済みだったので、20代の安月給の私が乗るにはとても高価な買い物でしたが、車の種類は迷わなかったです。

ディーラー巡りはその知人に付き添ってもらい、少しでもサービスがよく値引きをしてくれるお店を探しました。

結局、知人が購入したお店が一番条件が良かったので、そこで購入することとなったわけです。

そしてオプションなどを決める際、特に車両保険をどうするかという話になったときに、ディーラーの営業マンが、販売する側から話すのは気兼ねするが、この車種は非常に盗難が多い車種なのでぜひ加入したほうがいいと言うので、そんなことは起こってほしくはありませんでしたが、それでも何かあった時のための保険だからと思い入ることにしました。

ドライブが趣味でしたので、購入後1週間で走行距離1000キロ突破とハイスピードでメーターを進ませていました。そして1回目の車検を半年先に控え、メーターが55000キロほどを示していた頃、みんなのイヤな予感が的中してしまったのです。

当時、比較的車と人通りの少ない場所に住んでいて、日曜日のまっ昼間に堂々と愛車を持っていかれました。

しばらくは目の前に起きたことが信じられませんでしたが、でも徐々に状況が理解できて警察に届け出たり、すぐに保険会社にも連絡したりしました。

査定の結果、保険会社から購入時の半額以上が振り込まれましたが、もちろん現物がないので走行距離は不明でありましたので、年数で計算されることが功を奏しました。

走行距離で計算されるのであれば、購入時の3分の1ぐらいに下がっていたのではないかと思います。

思い出の品も車内に載せていたので悔しくてたまりませんでしたが、ディーラーの話を真に受けて車両保険に入っていたことは本当に良かったと思っています。

自動車保険はできれば使わないほうが良いと思うのですが、それでも毎日運転しているとやっぱり入っておいたほうが安心できる保険だと思います。

駐車場内の事故は長期化する

長期化する案件「駐車場内の事故」

一般の方は、長期化する案件は大きな人身事故だけと思っておられる人が多いと思います。ですが、大きな事故はケガでの事故での通院はともかく、物損については案外早くに解決します。

これは、損害が大きいだけに早急な対応が余儀なくされるからです。

そして小さい事故でもとても示談難航しやすく、長期化しやすい案件があるのです。

それは駐車場内の事故です。

なぜかというと、駐車場内というのは私有地ということもあり公道のように明確に法規制がなかったり、道路標識や道路もないため過失割合の交渉が難航します。

公道に準じて過失割合を決めていくのですが、なかなか理解して貰えず時間がかかってしまいます。

さらに、駐車場内ではそれほど速度も出ていないため、損害が小さいことが多いです。

損害が小さい場合はすぐに修理をする必要もない場合が多く、早急に過失割合を決まる必要もないため、なかなか決まらずに長引いてしまうのです。

したがって、みなさんも駐車場内の事故には気をつけてください。

長期化する案件「初動ミス」

初動とは、初めて自動車保険の交渉をする最初の第一歩です。

自動車事故で初動の対応を間違えるとどんな案件も長期化します。

事故受付してすぐに過失割合を言い切ってしまった場合は最悪です。担当者として失格ですね。

幅を持たせておおよその過失割合を伝えることは問題ありませんが、決まった割合を言ってしまったりすると後から変更がききません。

事故は相手方と示談成立して初めて解決します。

事故状況もお互いの主張を聞かないと真実はわかりません。

そのため、初動では数字はなるべく提示せず事故状況の聴取を徹底するのが重要です。事故の過失割合とは自動車保険金を決定する重要なものです。

自動車保険でこの対応が悪い担当者と会うと損をすることがあります。

事故対応の悪い自動車保険会社とは、このようなミスをする会社と言えるでしょう。

自動車保険会社と団体契約している場合はすごく安い

自動車保険は無事故で保険を使わなければ使わないほど等級が上がり、掛け金が減っていく成果型の保険です。

等級や割引率は保険会社によって違いますが、事故を起こした場合は3等級下がってしまう仕組みというのは、どの保険会社も同じです。

つまり、自動車保険会社は保険による利益を生むためにできるだけ損害賠償金を払いたくないので、契約者に対し無事故に対する成果とペナルティを課しているのです。

ある自動車保険会社の例ですと、15等級だった契約者が事故を起こすと12等級に下がります。しかもこの時は12等級の割引率は事故あり割引率が適用され、事故なし割引率が47%に比べ、割引率が27%に大幅にダウンします。

3年間大幅に自動車保険料の割引率が下がるので保険会社によっては違いがありますが、10万円程度の自損事故や物損事故の場合、保険を使わないほうが安くなるのです。

軽微な事故でも運転が下手で駐車などで車をぶつけることが多い人には、大変な負担となってしまいます。

後部バンパーにぶつけた跡がある車を見かけることがありますが、その理由は保険
を使うと保険料が高くなり、車両保険に入っていないために直せないからです。

それでは、よくぶつけてしまう人はどうしたらいいかと言うと、官公庁や大企業及びグループ企業に勤めている人が限定になりますが、団体扱い自動車保険に入る方法で保険料が安くなりなります。

これは社員や職員の福利厚生のために会社側、組織側が保険会社と団体契約することで保険料を安くすることができる制度です。

保険会社にとっても団体契約することにより人件費や事務経理を削減することができるので、メリットがあるからです。この制度の基本は契約内容がシンプルで、等級制度を採用していない契約がほとんどです。

したがって、事故を起こしてしまう人にとってはいつも低い契約料で自動車保険に加入することができるのです。

事故を度々起こしてしまい自動車保険料が高くなってしまった人には、自動車保険料を下げることができる裏技です。

官公庁や大企業が多く採用していますが、グループ企業や関連企業でも加入できる場合があるので、調べてみる価値は大いにあると思います。

重要なロードサービス

自動車保険を選ぶ際に注目すべきポイントは、補償内容と範囲、特約、割引サービ
ス、保険料、そしてロードサービスです。

保険金はおもに損害を与えた場合に備えるものですが、ロードサービスは事故時の
問題解決をサポートしてくれるものです。

例えばタイヤのパンクや落輪によるレッカー移動など、様々な事故に対応してくれるサービスが備えられています。ロードサービスは基本的に任意保険に加入することで自動的に付加されますが、保険会社によってサービス内容が異なるので注意が必要です。

また保険会社が提供するロードサービス意外としてJAF(日本自動車連盟)によるロードサービスもありますが、重複しているサービス内容も多く、自動車保険以外に別途加入料がかかります。

保険料を安く抑えたいという方は、保険会社が提供しているロードサービスをうまく使うことによりお得に便利なサービスを受けられます。

ロードサービスの種類
現在、保険会社から提供されているロードサービスの種類は以下の通りです。

ロードサービスの名称 サービス内容
故障トラブルサービス キーとじ込みやバッテリー上がりなどの故障やトラブルを解決してくれるサービス
ガソリン補給 ガス欠の際に燃料を補充してくれるサービス
無料レッカー移動 自走できなくなった車をレッカー移動してくれる
無料レンタカー レンタカーが必要になった場合に費用を負担してくれる
無料代車提供 代車が必要な場合に保険会社が所有する車両を無料で提供してくれるサービス
宿泊及び帰宅費用サービス 自宅や目的地への移動が困難な場合に宿泊費を負担、自宅や目的地に向かうための交通費を負担

保険会社によってはロードサービスの補償内容が異なっています。

例えば、
A社は⇒ガソリン補給サービスに関してガソリン代も作業代も無料
B社は⇒ガソリン代のみ実費払い
C社は⇒1年目は有料だが2年目以降はガソリン代も作業代も無料

など、それぞれのサービスごとに細かく設定されています。

事故時の対応力
交通事故に遭った場合、まず行うのがケガ人の安全確保と二次被害への対処です。その後、警察へ連絡を行い、次に保険会社へ連絡します。

ただ、もし事故に遭ったのが深夜で保険会社に連絡がつかないというのは困りますよね。ロードサービスを基準に自動車保険を選ぶのであれば、ぜひ検討したいのが事故時のサポート体制です。

まず24時間365日、事故の連絡を行っているのかを示す「事故受付」、そして全国にどれだけのサービス拠点があるのかを示す「サポート体制」、加えて事故後に保険会社が被保険者に代わって手続きを行ってくれる「事故対応」、この3つについては最低限の確認をしておいたほうが良いでしょう。

事故受付 サポート体制 事故対応
受付時間・初期対応時間 全国のサービス拠点数、修理工場など 事故後の代行手続きなど