自動車保険

単年型と長期型の契約の違い

単年契約型のメリット・デメリット

毎年、保険の更新を行うのが単年型の契約ですが、単年型の保険で契約を3年間続けた場合のメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット
毎年、保険の見直しができる。

ゴールド免許になった場合、次回の更新から割引が適用される保険料が値下げされると金銭的負担が減る。

デメリット
事故を起こした場合の負担額が大きい。

ブルー免許になった場合、次回から割引が適用されなくなる保険料が値上げされると金銭的負担が増える。

単年型のメリットは毎年契約を更新できる事なので、保険内容の見直しができるチャンスが訪れます。

例えば、記名保険者が変更した場合でもすぐに対応することができます。また保険料が値下がりしたり、他社のより良い自動車保険へ乗り換えも簡単にできます。

反対に単年型のデメリットは、事故を起こした場合の負担が大きくなる事です。

例えば10等級の人が事故を起こした場合、次回更新時は7等級からスタートし、8等級、9等級と順次上がっていきますが、途中の保険料は割高になります。

また、新しい等級制度の事故あり等級が3年間適用されることになるので、約
50%程度の保険料アップとなります。

通年継続型(長期)のメリット・デメリット

毎年契約を更新する単年型と異なり、3年間など長期で契約を結ぶ自動車保険は通年継続型と呼ばれます。

通年継続型は、保険加入時に向こう3年間に保険料を算出して保険料が決められます。3年間通年継続型で契約を結んだ場合のメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット
・保険料の総額が安い
・事故を起こした場合、途中の期間も等級が下がらない
・保険料の値上げに影響されない
・ゴールド免許割引が3年間適用される
・途中で解約しても違約金などがない

デメリット
ゴールド免許になっても割引が適用されるのは次回更新時から保険料が値下げされてもお得にならない。

通年継続型(長期)の特徴は、保険加入時に将来にわたって保険料が算出されるので、加入時点での割引の有無などが継続される事です。

また単年契約よりも複数年契約で顧客を確保できるため、割引サービスを設けている保険会社もあります。

通年継続型で気をつけたいことは、ゴールド免許割引の適用に関してです。

例えば2年後まで無事故、無違反で過ごせばゴールド免許をもらえることが分かっている場合、2年間は単年型で契約をして、ゴールド免許を取得してから通年継続型で契約するのがおすすめです。

ただし、途中で契約更改ができる自動車保険もあるので、更改の可否を確認しておきましょう。

保険会社の事故対応力

一般的に使われる事故対応とは、事故に遭った場合に運転中の被保険者が現場で行うものも含みますが、自動車保険の事故対応とは、事故時に保険会社がどのようなサポートを行ってくれるのかについてを指して言うことが多いです。

例えばレッカーや代車の手配を始め、事故相手との示談交渉などを保険会社が行ってくれる事故対応です。電話受付時に事故現場での行動などについてもアドバイスしてくれるので、万が一の際にも安心できるサポートです。

保険会社による事故対応

保険会社によってどのような事故対応を行ってくれるかということに関しては、それぞれ違いがあると思います。

また、特約を付けているか否かによって対応してくれる内容が異なります。

事故対応項目 内容
レッカー・代車の手配 事故・故障で動かなくなった車を現場から工場まで移動させるレッカーや、修理期間中に使用できる代車の手配
修理工場への連絡 希望する修理内容の連絡や納車手続きの手配などを行う
入院・治療費の請求 保険加入者に変わって入院手続きや治療費請求の代行を行う
事故状況の確認 専門の事故調査員が事故の状況を確認して過失割合などを決定する
示談交渉・示談締結 保険加入者に代わっ事故の相手方と示談の交渉を代行してくれる
交通事故証明書の取次ぎ 会社や修理工場に提出する交通事故証明書の取次ぎを行ってくれる
弁護士の手配 弁護士費用特約に加入している場合は、担当の弁護士への連絡や示談交渉の手配を行ってくれる

事故対応の注意点

保険会社の担当者は基本的に現場には駆けつけてくれません。特にダイレクト系の自動車保険であれば電話でのやりとりが基本になるので、顔を合わすことなく事故対応や事故処理が最後まで進むのが通常です。

また、代理店型の自動車保険であれば担当者が現場に駆けつけてくれる可能性もありますが、担当者の状況にもよるので、事故現場での対応はあまり期待できません。

負傷者の救護や救急車の手配、警察への連絡はあくまで運転手の責任となりますので注意が必要です。

自動車保険安い@補償金額を削りただただ激安なだけの車保険?

名義変更手続きと等級引継ぎの可否

結婚や養子になったために名義が変更になった時は、名義の変更だけで、簡単に今まで通りの等級と条件で自動車保険を利用できるのは誰もが知っていることだと思います。

契約者が老齢になり、おもに運転する人が自分よりも家族限定で入れていた妻や子供の方が運転する割合が多くなったりすると、そのままでは何かあった時に不安であるから名義変更を希望する人は少なからずいます。

買い物程度のことなら事故に遭ってもそのまま使えるかもしれませんが、通勤や通学に家族が利用するようになった時にはそんなわけにはいきません。

たまたまその日貸したのだと、言い切るのもみっともない話です。

我が家も、娘が18歳になれば私の自動車保険を本人限定から家族限定に切り替えますが、子供が乗り慣れた頃にはそれを子供に譲り私は新しい車を購入します。

その際には、主たる運転手は娘に名義変更しなければと思っています。ただ、気に
なるのは等級の引継ぎに関してです。

素人ながらの知識ですから、どんな場合に等級が引き継がれるのか細かいところまで理解できておりません。

近所の人に名義変更手続きをされた人が数名いますが、同じような状況であるのに
等級の引き継ぎの可否が違っていました。

問題は、保険代理店の営業の人が私たちと大差ないインスタント知識により、等級の引き継ぎができるのにしないで済ませてしまう場合があるということです。

名義変更を受け付ける人がどれだけそのノウハウに通じているかというのは、とても大切なことです。

私たちは損をしていることすら解らず、後で激怒するということになりますが、自動車保険会社選びをする時に名義変更受付も事故担当者と同様の優れた人で、名義変更手続きだけでなく、するべき全ての手続きをきちんとできる質がなければ契約しないと心に決めておくことが大事でしょう。

私たちはそれだけをきちんとしておけば、後は名義変更だろうがその他色んな手続きに関して、全てを保険会社のスタッフに任せておけば間違いはありません。

自動車保険においては日常茶飯事にカスタマーセンターなどに相談することがありますから、正しく導いてくれるアドバイスと諸手続きを行ってくれる安心感がないと、安いからだけで選んでは反対に高くつきます。

スタッフの質が全てのサービスやサポートに反映してきます。

加入してさえいれば何があっても大丈夫という軽い気持ちで名義変更を始め、諸
手続きを軽く思うのは厳禁です。

通販型と代理店型のメリット、デメリット

代理店型のメリット

代理店型の場合は、通常事故があった場合にまず代理店に連絡をします。そして事故状況の報告を代理店が保険会社へしてくれます。

また、被害者(事故の相手方)への対応などもアドバイスしてくれ、保険金請求書などの書類も保険会社へ代わりに持って行ってくれることもあります。

もちろんサインは自分でしないといけません。

このように、ちょっと面倒なことを代理店が代わりにしてくれるのです。

ただし、代理店によって対応してもらえる範囲にはかなり違いがあります。

代理店型であっても契約者が直接保険会社へ事故報告をしている場合も多々ありますので、代理店経由で対応して欲しいのであれば、そういった代理店を事前に調べる必要があります。

その代理店選びはとっても難しいと思います。代理店にも色々な形態がありますので、代理店選びの参考にしてください。

例えばですが、車のディーラーなどがしているのは兼業代理店ですので保険の知識は正直そこまで深くはありませんし、基本的には車の販売等に注力しています。

しかし、事故修理する際には報告が一回で済むという良い面もあります。

事故対応として良いのは、専業代理店と言われる代理店です。

この専業代理店は保険業務を専業で行っていますので、知識や事故対応の経験も豊富ですから何かあった時には安心です。

さらには乗合代理店と言いまして、何社かの保険会社の保険を取り扱っている代理店も、複数の見積もりを取れて契約更新時には保険料の比較ができますのでおすすめです。

代理店型のデメリット

保険は代理店手数料を保険会社から支払いますので、代理店型はやはりその分保険
料は高めになってしまうのは否めません。

したがって、保険料を格安にしたいという方には不向きだと言えるのです。

通販型のメリット

通販型保険のメリットは、やはり何といっても保険料の安さです。この安さはやはり代理店経由をしていないため、代理店への手数料を支払わないことが大きいでしょう。

実は私も以前は代理店型保険でしたが、現在は通販型に変更しております。

理由は保険料を安くしたかったからです。

インターネットの一括見積もりを行ったことが功を奏し、3万円ほど保険料が安くなりました。

さらには契約が24時間インターネットで完結しますので、電話をしたり煩わしいコミュニケーションが不要で、簡単に契約ができます。

そして、インターネット割引もありますしね。

通販型のデメリット

通販型の場合は対面で契約したり代理店のアドバイスを受けることもありませんので、対応が不安な方は難しいかもしれません。

ただし、代理店型であっても最終的には保険会社の判断が必要になりますので、自分自身がしっかりしていれば通販型であっても大差はないかと思います。

他人の車を運転する際の注意点

旅行や帰省、あるいは日常生活の中でも他人の車に乗る機会は少なくありません。そんな時に、「自動車保険ってどうなっているのだろう?」と思うことがあるのではないでしょうか。

友人や恋人、親の車を運転する時にはしっかりと保険が使えるかを確認する必要があります。

他人の車を運転するときには、どのような保険に加入すれば良いのでしょうか。

自動車保険に対人賠償や対物賠償といった基本的な補償がありますが、どんな自動車保険でも当たり前で常識の補償内容です。

実はそれ以外にも、他車運転特約という特約がほとんどの自動車保険に自動セッ
トされているのをご存知でしょうか?

この特約は、あなたが自分の自動車保険を契約していれば、他人の車で事故を起こしても自分の保険で補償をすることができるというものです。

友人の車を借りて事故を起こすと友人の自動車保険の等級が下がってしまいますが、自分の自動車保険を使うことができれば友人の保険料は上がらないので、迷惑をかけることもありません。

さて、ここで他車運転特約について詳しく見てみましょう。

前述したように、他車運転特約とは自分の保険を他人の車の事故で使うための特約のことを言います。

使うためには自分が契約している自動車保険が必要ですが、より細かく言うと、記名被保険者とその適用範囲であれば適用することができます。

まずは、他車運転特約の適用範囲をチェックしておきましょう。

・記名被保険者
・記名被保険者の配偶者
・記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
・記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子

あなたが記名被保険者(主に運転する人)であれば、他人の車を運転しても問題ありません。それ以外にも、親が記名被保険者であなたがその子供(同居している)であれば、他人の車を運転しても問題ありません。

しかしここで気をつけなければいけないのが、別居している既婚の子供に関してです。

よくあるケースに、実家に帰省した時に親の車を使う場合の保険適用範囲があります。あなたが既に結婚をしていて、実家に帰省した時に親の車を借りるときには注意が必要です。

親は家族ですが、自動車保険では別居をしていると他人とみなされます。つまり、親の車で事故を起こしても補償が受けられないことがあるのです。

こういった事態をなくすためには、親の車に付いている家族限定特約や夫婦限定特約を外すことです。

また、中には運転免許を持っているけど自動車保険は契約していない人もいるでしょう。そういった時には他人の車を運転することはできないのでしょうか?

結論から言いますと、車の所有者の人の運転者限定特約を外しておくことで他人のあなたが運転しても補償されます。

例えば、彼女が乗っている車に家族限定特約が付いているとしましょう。その車を彼氏であるあなたが運転をするときには注意が必要です。

なぜかと言うと、彼女の車は彼女の家族しか保険の対象にならないからです。

もし彼氏であるあなたが彼女の車を運転できるようにするためには、彼女の車の家族限定特約を外してもらうしかありません。

しかしここで、「わざわざ外すの?」と思われるかもしれませんが、家族限定特約で保険料が割引になるのはわずか数%です。

あるいは、彼氏であるあなたが自分の自動車保険に付いている他車運転特約を使うという方法もあります。

どんなに親しい関係であっても、他人の車で事故を起こすと関係性にヒビが入ることもあります。

事故による賠償額が高額になるとなおさらです。

ですので、他人の車で事故を起こした時には自分の自動車保険に付いている他車運転特約で補償すべきでしょう。

他車運転特約や運転者限定特約については保険会社によって保険料や仕組みが異なりますので、しっかりと見積り比較をした上で、補償が充実している自動車保険を選びましょう。