介護保険の適用と老人ホームのタイプについて

介護保険には公的介護保険と民間介護保険があり、保険料を納めることで介護が必
要になった場合これが支給されるもので、その利用には申請認定を要します。

この介護保険が適用される介護保険施設には、提供されるサービスにより3つのタイプに別れ、生活介護中心の介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)と介護及びリハビリ中心の介護老人保健施設、そして医療中心の介護療養型医療施設があります。

したがって、特別養護老人ホームでは長期間の入所以外にも、ショートステイやデ
イサービス・デイケアのタイプとなります。

そこで、現在いわゆる老人ホームと言われるものにはどのような介護を目的とするのかや、介護の必要度により6タイプあります。

まず1つ目には前述の特別養護老人ホームがあり、常時介護を要し、自宅ではその介護が困難な方のために設けられた施設で、食事等を含めた日常生活全般に渡った監護や健康管理が行われています。

そしてこれと同様のサービスが受けられる施設として、2つ目に有料老人ホームがあります。

こちらは行政が定める基準を満たした特定施設入居者生活介護施設であれば、介護保険の適用があります。

また3つ目には、老人保健施設ではリハビリを中心とし、自宅へ戻って元の生活を続けることを目的としているため、入所可能な期間がほとんどの場合3ヶ月となっています。

さらに4つ目には、認知症の方を対象としたグループホームがあり、これは施設というよりは住宅としての性格が強く、入居者が擬似家族化して共同生活を行い、専
門スタッフの元でそれぞれができる能力の範囲で、掃除や洗濯などを分担し、これと同時に認知症の改善などを目的とする機能訓練も行います。

また5つ目には、ケアハウスでは比較的軽度の介護サービスが必要な方を対象としており、基本的に自立した生活ができることが前提ですので、日常に介護が必要となった場合は退去となることがあります。

そして6つ目には、サービス付き高齢者住宅があり、こちらは自立した日常生活を送りながら訪問介護サービスなどを受けられるタイプです。